Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

朝日、読売、日経、毎日、産経、東京(中日)各紙の社説を集めています。

older | 1 | .... | 288 | 289 | (Page 290)

    0 0

    銀行が無担保で個人にお金を貸す「カードローン」が急増している。返しきれないような過剰融資を防ぐため、銀行と金融庁は実態の把握を急ぎ、実効的な対策をとるべきだ。個人向けの無担保ローンではかつて、消費者金融による多重債務が社会問題になった。利息の高いお金を借り、それを返すためにまた借金を重ねて、生活が行き詰まる人が続出。自殺の原因にもなっていた。対策として消費者金融などに適用される貸金業法が改正された。年20%超の「グレーゾーン」金利が撤廃され、合計で年収の3分の1を超える貸し出..

    0 0

    原子力発電所の安全性向上へ、電力会社の自主的な取り組みを後押しする検査制度にしたい。今国会で成立した改正原子炉等規制法は、原子力規制委員会に、検査制度の抜本改革を課している。高水準とされる米国の検査制度の導入が念頭にある。米国の原発は、高い安全性を誇る。トラブルが少ないため、稼働率も90%前後と高い。現場の実情に応じた柔軟な検査制度の導入が奏功した、と言われる。日本の制度はかねて、硬直化が指摘されてきた。その典型が、原発を停止させて実施する13か月に1回の定期検査と、年4回の..

    0 0

    国際社会と協調して繁栄を目指すのか。それとも自国第一主義を掲げて国を閉じるのか。フランス大統領選挙は、グローバル化時代の国の針路を問う選択になりそうだ。前者を訴えるのが中道・独立系のエマニュエル・マクロン氏。後者が右翼・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首である。5月7日の決選投票は、正反対の立場をとるこの2人によって競われる。いずれの道も利点と欠点があろう。しかし、グローバル化はもはや押しとどめがたい世界の現実だ。多くの先進国が直面する共通の課題だからこそ、この時代をどう生き抜け..

    0 0

    長引く経済低迷に疲弊し、繰り返されるテロの傷痕は深刻だ。そんな厳しいフランス社会の状況が浮き彫りになった。仏大統領選の第1回投票が行われ、中道で無所属のマクロン前経済相が首位に立った。極右・国民戦線のルペン党首は僅差で2位につけた。上位2人を含む候補者4人がほぼ横一線の激戦となった。どの候補者も過半数を獲得できなかったことから、この上位2人が5月7日の決選投票に臨む。今回の選挙は、フランス政治の重要な転換点と言えよう。これまで交互に政権を担ってきた中道右派と中道左派の既成政党..

    0 0

    政府は博覧会国際事務局(BIE)に2025年国際博覧会(万博)の大阪招致を申請、すでに立候補しているフランス・パリとの招致レースが本格的に始まる。開催地は18年11月のBIE総会で、加盟国の投票によって決まる。政府や大阪府がまとめた計画によると、万博は大阪市の人工島、夢洲を舞台に25年5月から半年間開催する。期間中に最大3000万人の入場者を見込んでいる。万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。人工知能(AI)や仮想現実(VR)など先端技術の実験場にする計画だ。実現す..

    0 0

    フランス大統領選挙の第1回投票で独立系中道候補のマクロン元経済産業デジタル相と、極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が1位と2位になり、5月7日の決選投票への進出を決めた。反欧州連合(EU)を掲げる候補者同士による決選という展開は回避され、親EUで穏健な政策を説くマクロン氏が当選に向け前進した。ポピュリズム的な政治潮流が欧州で止まる節目となるか、仏国民の選択が問われる。マクロン氏は39歳と若く、主要政党に属さない清新なイメージなどで中道層を中心に支持を集めたようだ。ルペン氏..

    0 0

    [PR]フランス大統領選は第1回投票で中道・独立系のマクロン前経済相が1位、極右・国民戦線のルペン党首が2位となった。しかし、いずれも過半数に達しなかったため、5月7日の決選投票に持ち込まれた。反欧州連合(EU)、反移民、反イスラムを掲げるルペン氏に、一時期の世論調査が示した勢いは見られなかった。だが、5年前に続く2度目の出馬で初めて決選にこぎつけた。得票率は前回を上回った。2位にとどまったのは、極右の台頭を警戒する仏社会の空気がある程度作用したためだろう。国際社会にとって当..

    0 0

    [PR]安倍晋三首相とトランプ米大統領が電話で協議し、核実験の準備や弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮に自制を求めていくことで一致した。両首脳の電話協議は今月だけで3回も行われる慌ただしさだ。北朝鮮はきょう朝鮮人民軍創建85周年を迎えた。その節目を前にしたタイミングである。6回目の核実験やさらなる弾道ミサイル発射を警戒する日米が緊密な連携をアピールする目的があったとみられる。中国がより大きな役割を果たすべきだとの認識も共有した。北朝鮮の挑発行為をやめさせるには、経済的に影響力を持..

    0 0

    フランス大統領選で、極右「国民戦線」のルペン党首と中道・独立系のマクロン前経済相が決選投票に進んだ。マクロン氏が欧州連合(EU)を重視しているのに対し、ルペン氏は公約で離脱を問う国民投票の実施を掲げている。フランスはドイツとともに欧州統合の両輪である。大陸欧州の2大国が牽引(けんいん)したのは、戦争の悲劇を二度と繰り返さないという、統合の理念そのものだったのではないのか。結果次第でEU崩壊への引き金が引かれる大統領選の行方を、注視しなければならない。英国がEU離脱を決め、「米..

    0 0

    2025年国際博覧会(万博)の誘致に向け、大阪府などがパリの博覧会国際事務局(BIE)に対し、正式立候補を表明する文書の届け出にこぎつけた。だが、万博を通していったい何を世界にアピールしたいのか。開催意義や構想を置き去りにして、再び夢を見たいという漠然とした考えだけなら、「立候補ありき」と呼ばれよう。3年前、大阪府の松井一郎知事が、2度目の東京五輪を開くなら大阪万博も、という発想から動き出した。府が昨年まとめた基本構想は当初、「人類の健康・長寿への挑戦」をテーマに掲げた。大阪..

    0 0

    賭博は古くからご法度だった。例外的に競馬などの公営ギャンブルが認められているが、カジノは初の“民間賭博”だ。本当に合法なのか不明だ。治安悪化などもっと負の面を検証すべきだ。自分で稼いだカネを博打(ばくち)で使って何が悪い。全部すってしまっても自己責任だから仕方がない。そう考える人もいるかもしれない。しかし、賭博は勤労によらないでカネを得ようとするから、必然的に勤労の美風を害する。副次的に犯罪も誘発する。社会の風俗も害するから、近代法の世界では賭博罪をもって処断するのである。「..

    0 0

    仏大統領選で超党派のマクロン前経済相(39)と極右・国民戦線のルペン党首(48)で争う決選投票はEUとの関係が最大の争点となる。欧州の将来を左右する岐路であり、EUも変革を迫られている。今回の第一回投票の特徴は、保革の二大政党の候補者がそろって決選投票に進めなかったことだ。一九五八年に現体制の第五共和制に移行して以来、初めてである。若者の失業率の高止まりなど経済の低迷やテロ対策の不十分さが指摘されたが、従来の保革対立の構図が時代に対応できていないのが実態だろう。資本対労働とい..

older | 1 | .... | 288 | 289 | (Page 290)